HOME>特集>専門学校に通い、卒業後にゲーム会社に就職

目次

専門学校へ通い一からプログラミングを学ぶ

ゲーム製作

ゲームプログラマーになるには、専門学校に通うのがベストです。何も知識がない状態ではゲーム制作会社はどこも採用してくれません。専門学校ではゲーム制作で必要なプログラミングを一から教えてくれますので、専門学校でみっちりと勉強することになります。最初のうちは難しい言葉が出てきますが、授業に出席してそれになれていけば、ゲームプログラミングがわかるようになります。

実際にゲーム制作してみる

ゲームプログラマーになるには、実際にゲーム制作してみることです。専門学校を卒業するころには卒業作品としてゲーム制作をすることになります。二年間学んだことを作品として表現し、それを提出して合格点をもらうことが出来れば晴れて専門学校を卒業することが出来ます。専門学校生の卒業作品であっても、大抵の人はゲーム制作会社に就職することを目指していますので、卒業作品はどれも素晴らしい作品が多く、それがゲーム制作会社の目に留まることがあります。

ゲーム制作会社にアピール

ゲームプログラマーになるには、最終的にはゲーム制作会社に就職することです。専門学校での卒業作品をゲーム制作会社に持ち込み、就活でのアピール材料にするのが大半です。専門学校によっては、ゲーム制作会社とのパイプを築いている所もあり、そのような専門学校であれば就職活動は有利に進められます。専門学校を選ぶ点は、授業内容もそうですが、就職実績も目を通しておかないといけない項目です。就活に強い専門学校であればゲームプログラマーになりやすいです。