HOME>イチオシ情報>必ず入学する必要がある理由や専門機関毎の違い

専門機関には3つの種類がある

機材

声優の専門学校には大きく分けて3つあります。専門学校は学校法人の認可を受けており卒業後には専門士の学歴を得られます。もう一つのスクールも同様に基礎から学べ、夜間学校もあります。学校によってカリキュラムは異なりますが、技術や知識を学ぶ機会は非常に多く初心者ならなおの事推奨される選択肢と言えます。スクールは専門学校と内容はほとんど同じですが、認可外なので学歴はつきません。ただし認可外は縛りがないので、独自のカリキュラムで行えるので楽しく学ぶ事ができます。また夜間のみや週末のみといった社会人にも通いやすい形態もスクールならではの特徴と言えます。最後に養成所ですが、プロダクションが直接運営している事もあり、デビューする可能性は特に高い機関です。レッスンも少なめなので基礎から学びたい方向けではありませんが、すでにプロダクションの下部組織に入っている形なのでオーディション等チャンスには恵まれており、学費も安いです。

入学しないと初めの一歩も踏み出せない

マイク

声優はわかりやすく表現すると芸能人なので、誰もが学校に入ればなれる職業ではありません。卒業したからデビューできる程甘い世界ではありませんが、専門学校等の養成機関に入らなければよりなれる可能性は低くなります。つまり専門学校等の声優養成機関は目指す方にとっては必須と言えます。これは声優として働くためにはプロダクションに所属しなければなれないからです。プロダクションに所属する為にはオーディションで合格する必要があり、このオーディションは一般人を募集していません。即戦力を募集しているので、技術や知識を有している人しか受けられません。有しているかどうかを見定めるのには目で見える実績が必要であり、それが声優として専門学校等で学んできたというものです。この様に専門学校等で専門的に学んでいたり在籍していないと、オーディション開催すら知る事ができないのです。